脱毛の今と昔

今時の若い女性は、脱毛をするのは当たり前と思っているようですが、日本で永久脱毛が行われるようになったのは1960年頃で、当初は電気針を使用していました。 電気針脱毛は、毛根に針を刺し、それに電気を流して熱によって毛母細胞を破壊するというものです。針を使用するので、強い痛みが伴い、さらに針と肌が接触しているので火傷を負ってしまい、色素沈着が起こりやすいというデメリットがありました。そのために、あまり多くの人に利用されなかったようです。

そのデメリットを改善したのが絶縁針脱毛法で、針と肌が接触しないように一部に絶縁処理を施してある針を使用します。針の太さも毛によって替えられるように用意されているので、痛みも随分と軽減されました。 しかし、針脱毛は痛いというイメージが強く、相変わらず永久脱毛をする人は少なかったのですが、1997年頃にレーザー脱毛が日本にも導入されてからは、短い施術時間で大きな効果が望めることから、エステでもレーザー脱毛が取り入れられ、多くの女性が永久脱毛を行うようになったのです。

しかし、レーザー脱毛は火傷を負わせてしまう危険性が高いため、2001年には針脱毛とレーザー脱毛は医療機関のみで行える脱毛法となりました。それ以後、脱毛エステでは火傷の危険性がない光脱毛が行われています。 現在では、医療機関でもレーザー脱毛と併用して光脱毛を取り入れているところが多く、針脱毛はあまり人気がありません。今や、永久脱毛はレーザーと光が主流です。当サイトでは、レーザー脱毛と光脱毛について説明させて頂いています。脱毛についてもっと知りたい方は参考にしてください。

▽注目サイト
レーザー脱毛を行うことが出来る医療機関、新宿の脱毛クリニックのサイトです >> レーザー脱毛 新宿

Copyright © 2014 脱毛の今と昔 All Rights Reserved.